松山白鷺LC結成25周年記念事業『We Love 石手川 & 災害時「炊き出し訓練」』が3月26日に行われ、篠田会長、寺尾ZC,新井LTと東本地区アラート委員長が参加してきました。

先ず、同じく記念事業の『LED防犯灯』の寄贈式があり、つづいて石手川の清掃が多くの団体、市民によって行われ、沢山のごみが回収されました。その様子をドローンで撮影をしておられ、CNで放映されるそうです。

清掃のあとは、自衛隊によって炊かれたご飯をクラブ女性メンバーたちやボランティアの女性がパック詰めし、味噌汁、乾パンと一緒に災害時を想定して参加者に配られました。

雨の心配をしておられましたが、曇りながら時々薄日がさしたりの天気に、メンバーの皆さんはホッとなさっていました。

自衛隊との合同訓練はどこもやったことがなく、すばらしい事業だと思いました。我がクラブ、我が地区でも市民を巻き込んでの災害想定訓練をできればと良いとも思った次第です。

336-A地区の真鍋ガバナーもお見えになっており、記念写真を撮りました。